シンポジウム(2019年3月)のご案内

2019年3月9日(土)午後,明治大学和泉図書館ホールにおいて,シンポジウム「図書館情報学教育の現状とこれから(仮)」を開催します。海野敏氏(東洋大学),松本直樹氏(慶應義塾大学),Magnus Pfeffer氏(独シュトゥットガルト・メディア大学)をパネリストにお迎えし,図書館情報学研究と教育のこれからについて考えていきます。申し込み先など,詳細は,後日ご案内いたします。なお,本シンポジウムは明治大学図書館,東京ドイツ文化センターと共催で行います。

予定されるプログラム

13:00 floor opening: Prof. Taro Miura, Meiji University, will chair.
13:15-13:25 opening remarks by Prof. Mitsuhiro Oda, president of JSLIS, and Prof. Etsushi Yoshida, Librarian of Meiji University Library
13:25-14:00 presentation by Prof. Bin Umino, Toyo University
14:00-14:35 presentation by Prof. Naoki Matsumoto, Keio University
14:35-15:35 presentation by Prof. Magnus Pfeffer, Hochschule fuer Medien (HDM) in Stuttgart (35 minutes presentation and 25 minutes consecutive interpretation)
15:35-15:45 break
15:45-16:25 panel discussion
16:25-16:30 closing address, Ms. Michaela Bodesheim, Head of Library and Information Services, Goethe-Institut Tokyo