2019年度春季研究集会 優秀発表奨励賞の決定

2019年度春季研究集会での口頭発表6名を候補者として,研究委員で構成される優秀発表奨励賞選考委員会において,審査を行いました。その結果,研究の枠組みが整い,全体の研究計画を提示した上で今回の発表範囲と限界を踏まえた発表となっており,質疑への対応も的確であったことから,下記の発表者に授賞することになりました。

発表者:木村麻衣子氏(慶應義塾大学)
発表タイトル:「漢籍利用者はどのように漢籍を使うのか」(発表スライドは ここ