【重要】第68回研究大会,シンポジウムについて

2020年10月3日(土),4日(日)に開催する研究大会については、以下のとおりとなりました。
・口頭発表とポスター発表:オンライン開催
・シンポジウム:中止
・学会賞授賞式と会員集会:開催方法は現段階では未定(後日,発表します)

口頭発表については,春季研究集会(2020年6月6日開催,Zoomを利用)と同様の形式で行います。ポスター発表については,発表者ごとに個別のミーティングルームを設ける形式といたします。口頭発表,ポスター発表ともに詳細は学会ウェブサイトの 発表募集要領 をご確認ください。

10月上旬での新型コロナウイルスの感染がいかなる状況であろうとも,学会発表の機会を確保するためのやむを得ない措置としてご理解ください。会場校にて対面形式で開催するには,「3密」を避けるために,事前申し込みや(定員超過の場合)抽選を実施せざるを得ず,このような変則的な開催は避けるべきかと判断いたしました。また,シンポジウムについては,この状況であえて無理するのではなく,時機をみて実施するのが妥当であると考えた次第です。

オンライン開催では,通常の開催形式と比べて,参加者間で交換できる情報が限定されてしまうものの、6月開催の春季研究集会では,口頭発表と質疑応答に関しては思いのほかうまく実施できたと捉えております。

多くの方々からのご参加をお待ちいたします。