優秀発表奨励賞

*優秀発表奨励賞の選考は,研究集会(春季研究集会,研究大会)の開催ごとに立ち上げる優秀発表奨励賞選考委員会において,同賞授与候補者の口頭発表を対象に行っております。(第12回までは優秀発表賞)

回次(年度)
歴代受賞者/受賞著作一覧
第13回(2018/平成30年度研究大会) 該当者なし
第12回(2018/平成30年度春季研究集会) 該当者なし
第11回(2017/平成29年度研究大会) 田辺智子(筑波大学大学院)
「公共図書館における評価の“利用”」
発表スライド
第10回(2017/平成29年度春季研究集会) 該当者なし
第9回(2016/平成28年度研究大会) 該当者なし
第8回(2016/平成28年度春季研究集会) 該当者なし
第7回(2015/平成27年度研究大会) 汐崎順子
「文庫の読書記録にみる子どもの読書の実態」
発表スライド
第6回(2015/平成27年度春季研究集会) 安形輝(亜細亜大学)
「公立図書館の資料選択に影響する要因:2007年の出版物の所蔵調査に基づく分析」
発表スライド
第5回(2014/平成26年度研究大会) 該当者なし
第4回(2014/平成26年度春季研究集会) 該当者なし
第3回(2013/平成25年度研究大会) 平山陽菜
「公立図書館に関する公開質問状の分析」
発表スライド
第2回(2013/平成25年度春季研究集会) 安形麻理(慶應義塾大学)
「日本の図書館におけるマイクロフィルムの保存の現状:質問紙による大学図書館と都道府県立図書館の悉皆調査から」
発表スライド


倉田敬子(慶應義塾大学)
「日本における学術雑誌電子化の状況と阻害要因:学会誌と大学紀要を対象とした郵送調査」
発表スライド

第1回(2012/平成24年度研究大会) 汐崎順子(慶應義塾大学非常勤)
「日本における文庫活動の現状:質問紙調査の結果から」
発表スライド